脱毛の症状を改善する

次回の予約

男性型脱毛症が治ると言われて久しくなりますが、これも服用するタイプの男性型脱毛症治療薬が開発されたお陰です。 男性型脱毛症は、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンによって引き起こされることが知られていました。そして、ジヒドロテストステロンを作り出す5αリダクターゼという酵素を阻害して、男性型脱毛症に効果を示す医薬品が開発されたのです。 その有効成分はフィナステリドと呼ばれ、先発医薬品が全世界で発売されるようになったのです。 しばらくの間、フィナステリド製剤は特許の関係で、他の製薬会社が作ることは難しかったのですが、今では特許も切れて他の製薬会社がフィナステリドのジェネリック医薬品を作るようになったのです。

現在海外では、いくつかの種類のフィナステリドのジェネリック医薬品が販売されていますが、エフペシアもその中の1つです。エフペシアは1錠あたり、先発医薬品と全く同じフィナステリド1mgを含んでいるため、先発医薬品と同等な効果が期待できるのです。 そして、ジェネリック医薬品ですから、エフペシアのコストは低く抑えられているのです。 現在、エフペシアを国内で手に入れようとするのであれば、個人輸入をすることになります。そして、エフペシアの個人輸入は、インターネットの個人輸入代行サイトを使って誰でも行うことができますが、個人の使用に限って許されている行為ですから、十分に認識して個人輸入代行サイトを利用するようにしましょう。